大きな工務店だからといって、絶対安心だとは限らない!

私は、一戸建てを建てる際に後々に両親も一緒に住むことを想定した2世帯住宅を建てることにしました。
自分なりのこだわりも盛り込みたいと思い、そうなると注文住宅となります。
いろいろな工務店と話をさせてもらい、最終的には、有名な大きな工務店が安心だと思い、そちらにお願いすることになったのです。
そして、着工されたのですが、私の弟がたまたま建築関係の仕事をしていることから、工事の様子を見に来ることがあったのです。
すると、弟が基礎工事の様子を見て私に「明らかに手抜き工事だ」と言うのです。
私には、どこが手抜きなのかは検討もつきませんでしたが、プロには分かるのでしょう。
弟は私に「工事に口を出しても良いか?」と言うので、当然ですが「悪いとこがあったら頼む」と言いました。
弟は、基礎のひび割れしている部分や、基礎にある換気口に対して、いろいろと工務店側と話をしていました。
工務店側は「確かに、おっしゃる通りでした。」と直ぐにその部分を修正していました。
無事に基礎も終わり、建物も完成しました。
しかし、建物のあちらこちらに、明らかに失敗した部分を誤魔化している箇所がいくつも見受けられました。
トイレ内に手を洗う洗面台があるのですが、その金属の管がフローリングを突き抜けて床下に通っているのは普通です。
しかし、そのフローリングに空いた穴が、以上に広いのです。
これは、見るからに穴を開ける位置を間違え、再度、正しい位置に穴を開けたのだと素人にも分かる誤魔化し方でした。
この大きな穴からは、夏場になると大きな虫が上がってくることがあり、ホームセンターで、そこにはまる木材を購入してきて、自分で穴を埋め対応しました。
このような箇所が何カ所かあります。
大きな工務店だからといって決して失敗はない等、安心はできないものだなと、この体験から思いました。

鳥羽市でマイホームを建てるなら