新築一戸建ての理想的な間取りの考え方

新築一戸建てを購入する際、土地から購入するという方の場合、その後のことを色々考えなければいけませんが、特に気になるのは間取りです。
では、この間取りはどのようにして考えればよいでしょうか。

まずは、あなたの家族の人数を把握します。
夫婦2人、そしてお子さんが2人であっても、小さいお子さんである場合、今の年齢ではなく、高校くらいの年代までのことを想定し、さらに、性別を考えます。
さらに、もう1人増える予定であるという場合は、子供がそれぞれの部屋を持つことを想定し、ここで3つの部屋、さらに、夫婦の寝室が1つと考え、4LDKの新築一戸建てが良いでしょう(上に3部屋、下に1部屋)。

そして、家族の在り方を考えることも間取りには必要です。
特にお子さんがいる場合は、お子さんと絶対に顔を合わすことができるよう、子供部屋に行く際に、必ずリビングやキッチンを通るような新築一戸建てにしましょう。

そうすれば、家族のコミュニケーションがうまくとれますし、「家」本来の在り方を実感できます。

明和で平屋の注文住宅を建てるなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です